[#IMAGE|e0362825_09165686.jpg|201612/11/25/|mid|500|375#]

2歩あれば

日々選択の連続であっても、迷っていても始まらない。〔二歩〕あればと、たら・れば抜きでブログを綴っていきたい。

速攻!!次の一手90問

ご承知かと思いますが、キーワード「三手の読み」を登録させていただいています。

将棋の初心者の方向けに、キーワードを設定してみました。

これは、三手の読みと言っても、もちろん3手を読めばいいと言うものでもありません。

次の一手」を読むにしても、「3手詰」を解く際にも正解を導くには何手も読むこともあるでしょう。

そのトレーニングの一環で、

手数が短い、かつ先手・後手を交互に「三手を読む」ことから始めたら、わかりやすい表現かなと私は思っています。

この「三手の読み」は、亡き原田泰夫九段が解説でよく使っていた名言です。


詰将棋を解く場合、将棋盤に駒をおいて動かすことから始めても良いのですが、

慣れてきたら、頭の中で考えるトレーニングも始められたらいいですね(´・ω・`)

この中には、駒の位置(例えば、34歩、58飛車など)を覚えるトレーニングにもつながるでしょう。

また、これは、「次の一手」や棋譜を並べての研究としても共通するトレーニングです。


では、この辺で、「次の一手」にチャレンジしましょう。
これで、今回90問目になります。

次の一手】持ち駒:先手 角、歩  後手 歩2









Excel関数を活用して作成しています。
f:id:wnoseiza15:20180411133423j:plain


速攻!! 次の一手基本集

速攻!! 次の一手基本集


名人戦大盤解説はこちら

www.shogi.or.jp



三手の読みとは編集

★お越しくださり有難うございました。 またのお越しをお待ちしています。 ではまた、ごきげんよう(^^)v