[#IMAGE|e0362825_09165686.jpg|201612/11/25/|mid|500|375#]

2歩あれば

日々選択の連続であっても、迷っていても始まらない。〔二歩〕あればと、たら・れば抜きでブログを綴っていきたい。

寄せの手筋~次の一手~

お題「寄せの手筋」

終盤は駒の損得より

速度

が大切と言われています。

次の局面で、あなたの「次の一手」は?


先手は、勝利が目前。

即ち、

「詰めろ」

をかけている局面です。

ただし、先手玉は一手緩むと〔89と〕から詰まされてしまいます。


「 一手勝ち」を目指してご一緒に考えてみましょう。



次の一手】☖68とまで。

▶先手番
持ち駒:先手 金2、桂、歩2
    後手 金、歩2










▶☗62金

これには
☖同銀と応じますが、
さらに、畳みかける決め手の一手
☗82金(右図)








▶☖同玉
☗62竜
☖72金
☗71銀(下図)
以下詰み。



ここまで読んでおられた方は、きっと上級者クラスではないでしょうか。





▶☗71銀(右図)

以下、初心者向けに最後の詰みまで捕捉します。
☖92玉
☗82竜まで。









上記の〔82金〕は、「送りの手筋」と呼ばれています。


また、ホームページ「小太刀の迷手」では、初心者向けに「駒落ち」など将棋上達法を様々な角度から
ご案内しています。

よかったら、お遊びにお越しいただけたら嬉しく思います。



最後までお目を通してくださり有難うございました。

★お越しくださり有難うございました。 またのお越しをお待ちしています。 ではまた、ごきげんよう(^^)v